一覧

HOME > 新着情報 > がん粒子線治療研究センター視察報告

新着情報

< 5周年記念 ポイントセミナー&感謝の夕べ  |  一覧へ戻る  |  MG研修のご案内 & お申込みについて >

がん粒子線治療研究センター視察報告

21世紀のがん先進医療 がん粒子線治療研究センター視察報告

2011年6月17-18日で、鹿児島県指宿市にあり㈶メディポリス医学研究財団が経営する「がん粒子線治療研究センター」を視察研究に行って参りました。 主催したのは、私が加盟している広域保険代理店の「ホロスプランイング」です。私たちは、お客様と関わる中で単なる保険販売だけでなく、お客様が抱いているがんへの不安・恐怖を視察研究の体験談を通じて、ビジュアルにお伝えして不安解消や、治療にお役に立つようにとの想いで行って参りました。

 

P6170336.jpg    P6170347.jpg

 陽子線治療室 説明中の大迫事務長代理 ベッドも上下左右に可動するし
上にある個所から陽子線が照射されます。右の写真のように360度回転して
任意の方向から照射するため患者の負担も軽いそうです。更には、治療は30分程度で
痛みも痒みもないそうです。

 

P6170340.jpg    P6170343.jpg   

治療室はコンパクトですが、その奥にはなんと原子力発電の建屋のような大きな室内に
「回転ガントリー」という照射装置があり、これが360度回転します。またこれには
「シンクロトロン」といって、陽子線を光速近くまで加速させるドーナツ型の装置もついています。

 

P6170345.jpg    P6170348.jpg

右の写真は、「ボーラス」といって治療を始める1週間前の検査入院中につくる
がん細胞と同じ形状のものです。粒子線治療の特徴は、粒子線線量分布あるいは
陽子線線量分布をがんの形に合わせて調整する事が可能で、がん細胞の奥まで行かないので正常な組織に影響を与えない。そのためにミリ単位で立体的に作られた物です。

 

P6170349.jpg    P6170350.jpg

左の写真は、「固定具」といって、照射位置をミリ単位でずらさないようにするのもの。
右は、遠隔装置室です。

 

 色々説明を聞いて驚いたのが、この治療の特徴は治療を始める1週間前は検査入院が
必要であるが、治療を始めたら1回 30分で終わるので仕事をしながら通院で治療が可能であり、計画通りに治療が完了できる。更には治療後の社会復帰もしやすいとか。

 

 しかしすべてのがんに適応できるかと言えばそうではなく、数か所に転移してるケースや乳がんには現在の処 難しいようです。
治療費は総額 300万円程度かかりますが粒子線治療費用の288万3千円は
保険が効かなくて自己負担となります。これをカバーするには、民間保険会社の先進医療保険に加入するのが、安心だし低コストで済みそうです。
 質問 相談等ございましたらお気軽にご連絡下さい。
CFP:岩本 悟 携帯:090-3601-0931  Email: cfp-iwamo@spice.ocn.ne.jp

 

「生命保険 損害保険 資産運用(国内ファンド・海外積立)の ご相談は お気軽にどうぞ!」





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: がん粒子線治療研究センター視察報告

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.fp-partner.com/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/94

コメント(2)

だいすけ (2011年6月28日 12:45)

陽子線治療のことを先日、授業を通して学んだので、凄く興味深く読まさせていただきました。保健適用外だけど民間保険会社の先進医療保険に加入すれば低コストになるのは凄く驚きでした。いつも楽しみによんでいます(^-^)これから暑くなるので、お体に十分きをつけてくださいv(^_^v)♪


サイト管理者 Author Profile Page (2011年7月21日 13:51)

大ちゃん  ブログへのコメントありがとうございます  使いこなしていなくて今 確認しました。 遅くなってすみません。 熱い夏 元気に乗り切ってください。


コメントする

< 5周年記念 ポイントセミナー&感謝の夕べ  |  一覧へ戻る  |  MG研修のご案内 & お申込みについて >

このページのトップへ