一覧

HOME > 新着情報 > ニュースレター 2010,12 (第4号) > ニュースレター 2010, 12 (第4号)

新着情報

< ニュースレター 2010,03 (第3号)  |  一覧へ戻る  |  香港(金融)・マレーシア(海外不動産)視察! >

ニュースレター 2010, 12 (第4号)

ご挨拶 2010年 1年間 大変 お世話になりました。感謝です!

【仕事に関して】 お陰様で今年は売上倍増になりました。年初に立てました3割UPの計画も7月には達成しましたので、倍増に上方修正して見事 達成する事が出来ました。要因はいくつか考えられます。まず一つに盛和塾(京セラの稲盛さんが塾長)に入塾して2年間。年初に、人生哲学・経営理念・年間目標を明確に定めました。真髄は「利他の心」を常に日々実践するか、考え方が「利他の心」そのものになりきっているか。ちなみに経営理念は「ライフプラン・ファイナンシャルプランイングの普及と実践を通して、一人ひとりの夢を形にして、皆様の豊かさの実現に貢献する」です。これが多少とも浸透して評価された結果だと思います。二つ目に昨年、香港に金融視察に行って世界経済のプロ「ポートフォリオマネージャー」と出会い、世界に目を向け動きを始めた事です。皆様の資産形成にお役に立ちたいと4年前から金融商品仲介業を始めましたが、リーマンショック等タイミングが悪くご迷惑をおかけしていますが、海外での1年間の実績を通してお役に立てると確信致しました。三つ目は事業承継や相続対策等、コンサルタント事業が育ってきた事です。最後に親バカですが、長男・守弘も皆様のご指導のお陰で、社会人としてFPとして少しずつ成長してきているようです。国際ライセンスのCFPにもチャレンジして1科目ですが、合格しました。

【家族また尊敬する方々との別れ】 二男が就職で東京に。時を同じくして長女夫婦が転勤で東京へ。親離れしにくい二男と思いきや姉夫婦の家に度々行きお世話になってる様子。家内がこれ幸いと4月・10月と2回も御のぼりさんに。ほのぼのと嬉しい事も多かったのですが、辛い別れもありました。8月14日最愛の母が父のもとへ旅立ちました。両親とも亡くすのは辛く寂しいものです。9月には仕事の恩人であり父とも慕う方が、また4月には兄のように慕っていた京都のボランティア仲間が、6月には仕事の恩人であり兄弟のようにさせてもらっている方の母が旅立たれました。ご冥福をお祈り申し上げます。

【ボランティア】 ワイズメンズクラブに入会して19年目。この間、新クラブの立ち上げに移籍して関わったのが、むさし、ひがし、にしクラブの3つ。周りの応援団で関わったのが4クラブ。新クラブを作るのはメンバー候補を見つけるという意味では大変ですが、それ以上に新しい方との出会いや交流を通して楽しさとか喜びが上回っています。こんなワイズをエンジョイした結果、左記の写真のような表彰と国際会長からブースター賞をいただきました。九州部部長をした後、エルマークロウ賞を頂きましたが同じように嬉しいものです。 また10月には、スペシャルオリンピックス支援のための「島 優子チャリティピアノリサイタル」の実行委員長としてご奉仕させていただき、当初予算の2倍以上の収益をあげ寄贈できました事も大きな喜びでした。

【最後に】 2011年が皆様にとりまして、素晴らしい年になりますようお祈り申し上げます。

 

 

1 しあわせな百年の家づくり ~複利の効果を実感しよう~

 私はFPとして16年間、お客様のライフランを考えるお手伝いをしてきました。
最近のお客様から「自分の老後を考えると不安だ」「年金や健康保険など国の制度は本当に大丈夫だろうか?」「このままでは、日本はどうなってしまうのだろう?」といった声をしばしば聞きます。最近の日経新聞にも「財政赤字と債務膨張に悩む先進国」一覧表が掲載されていました。国家破綻で金融危機の震源地になったギリシャよりもGDP比ではるかに悪く、歳出を賄うのに税収以上に国債発行(借金)を多くする。結果借金は増え続ける。財政を担うある閣僚経験者が、このままいけば3年で日本は破たんする。なんて言っていますが真意は解りません。しかしかなり危機的状況とは大なり小なり感じておられるのではないでしょうか?
 このような状況下、益々自分の家族や財産を守り、豊かで幸せな人生をおくるための方策を考える事はとても重要だと思います。タイトルに百年と書きましたが、現在100歳以上の方が40.399人(2009.09.15現在)10年で4倍になりました。100歳迄生存される割合は、男性が60人に1人。女性が14人に1人です。
 「生きがい」を持って「健康」で「豊か」に生きるための経済的裏付けについてシュミレーションしてみましょう。
図①は現在の定期預金金利の0.1%で考えた場合、1000万円の手許資金の運用、プラス毎月10万円の積立。10万円はかなり厳しい額ですが、それでも8000万円強も不足します。
図②は、毎月3万円の積立。これは現実性が高いですよね。7%運用だと7857万円になります。毎月30万円 35年間使うとして7%運用だと4700万あれば足ります。よって3000万円程あまりますし、毎月の消費金額を増やす事も可能です。 7%運用??? 低金利になれた若い日本人には信じられないでしょうが、1960年代から90年を経験された方はどうでしょう。郵便局の定額貯金が6.5%で10年預けておけば倍近くになる。経験された方も多いのではないでしょうか? ではなぜ6.5%が可能だったのでしょうか? それは高度成長期だったからです。では今 新興諸国で高度成長期の日本と同じような成長が起こっているとすれば、6.5%運用もあながち難しいことではないと思っていただけるのではないでしょうか?
サブタイトルに「複利の効果を実感しよう」としました。期間と金利によって複利の効果はこんなにも大きいのです。一度、体験してみられませんか?

(図1) 

1.jpg

 

 (図2)

2.jpg 

 

 

2 お客様紹介 ~司法書士法人 リーガルシップ~

 司法書士法人リーガルシップは市民の皆様の法的ニーズに幅広く対応するために、熊本市役所前事務所、法務局前事務所、本部事務所(サンリブくまなん近く)の三つの事務所で営業しております。主な業務内容としては、相続や売買、住宅ローンの設定などの不動産登記・会社の設立や増資、合併などの法人登記・債務整理・裁判書類作成などを取り扱っています。
 最近では、末永く継続的にサポートできる法人のメリットを生かし、遺言や成年後見制度による財産管理、事業承継対策などにも力を入れてます。
 岩本さんとは同郷(天草)ということもあり、ふるさと天草同郷会で知り合いました。
相続や事業承継対策、住宅ローンなどについては何かと連携してお役に立てる分野もあると思いますので、気軽にご相談いただければと思います。


クローズアップ・リーガルシップ②.JPG司法書士法人 リーガルシップ
代表司法書士 松下 勝司(まつした かつじ)
本部事務所    096-351-4488
市役所前事務所  096-319-5311
法務局前事務所  096-288-3788
http://www.legalship.com/

 

 

 

 

 

3 FPモリヒロの奮闘記 ~年末のご挨拶~

 毎年この時期になると、1日24時間もないのではないか!?と感じてしまいますが、皆様はいかがでしょうか?そして、あっという間に2010年が終わり、2011年がやってきます。今年1年お世話になった方々には、心より感謝いたします。
 今年1年間を振り返ると、主な出来事として、国の政策の面では『こども手当て』の支給や『高校無償化』などお子さんがいらっしゃるご家庭にはちょっとうれしい政策や、愛煙家の方にはショックなたばこ税の増税などがありましたね。スポーツ面では、2月開催のバンクーバー冬季オリンピックに、6月開催の南アフリカワールドカップなど、日本中が一体となって日本代表を応援したのではないでしょうか!? 私自身も、この時期はずいぶん睡眠不足と奮闘していた記憶があります...(笑)。その他にも、『尖閣諸島問題』や『宮崎の口蹄疫問題』など、ここでは語りきれない程たくさんの出来事がありました。損保業界でも、保険会社同士の合併が進む中、1月には火災保険の保険料率が一斉に改定になり、自動車保険の料率も時期をずらして各社改定が行われました。皆様の中にも、更新の際に保険料が上がってしまった方も少なくないのではないでしょうか!? (そんな中でも、更新していた方には感謝いたします。)
 まだまだ、若輩者の私ですが、皆様のお役にたてるファイナンシャルプランナーになるため、今後も奮闘しながら邁進していきますので、2011年もどうぞよろしくお願い致します。

 

「生命保険 損害保険 資産運用(国内ファンド・海外積立)の ご相談は お気軽にどうぞ!」 

 


カテゴリ:




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ニュースレター 2010, 12 (第4号)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.fp-partner.com/cgi-bin/tl_cms/mt-tb.cgi/91

コメントする

< ニュースレター 2010,03 (第3号)  |  一覧へ戻る  |  香港(金融)・マレーシア(海外不動産)視察! >

同じカテゴリの記事

このページのトップへ